陽子線治療とにんにくの健康効果と包茎手術

陽子線治療はがん細胞に集中的に陽子線を照射することができるので、高い確率でがん細胞を死滅させることができるので、がん細胞の大きさや進行度に合わせて4回から40回程度の照射を繰り返すことで完全にがん細胞を消失させることができます。陽子線治療と今までの放射線治療の大きな違いとしては副作用の重さで、陽子線治療はがん細胞をピンポイントで攻撃することができるので、従来の放射線治療に比べると副作用が少ないとされています。費用は全て自己負担で300万円程度とされています。にんにくは抗菌作用が強く、アルギニンなどの成分を含んでいるので、免疫機能を向上させるだけでなく、筋肉の疲労を回復することもできます。にんにくの独特の臭いは虫や病気などを寄せ付けないためのもので、人間がにんにくを体内に取り込むと体の中の細胞に小さな炎症を起こすことで免疫力を高めていきます。にんにくは免疫力を高める効果が非常に強いのでがん予防に役立つ食品として世界的にも注目されています。包茎はほとんどの場合は問題がありませんが、勃起をしても亀頭が露出しない場合は手術を行って、亀頭を覆っている部分を取り除く必要があります。包茎を放置していると亀頭の衛生状態が悪くなるので、性感染症にかかりやすくなったり、菌が繁殖することもあります。包茎手術は保険が適用されるものがありますが、病院によっては自由診療の手術しか行っていない場合があるので、事前によく調べてから病院を受診しなければなりません。包茎をすると敏感な部分を切除しなければならないので、1ヶ月程度はセックスなどができないので、患部を清潔に保って、痛みがある場合には解熱鎮痛剤などを服用して回復させます。