包茎と糖尿病の関係について

包茎と糖尿病には深い関係があり、現在包茎でない人も血糖値が高い状態が続くと問題が生じる可能性があります。皮膚は血液からできているので、血液が健康的でないと皮膚も何らかの影響を受けます。糖尿病の人は血液の循環が正常に行われないことで皮膚がもろくなっているので、少しの摩擦で縦に裂けたような亀裂が陰茎に走っていることがあります。陰茎の皮膚が向けると炎症を起こしますが、人間には本来自分の力で回復する機能が備わっています。よって炎症は次第に改善します。ただし自然治癒では傷跡が少なからず戻ります。陰茎にできた傷はそれ自体の形や硬さを変えてしまいます。包皮が固くなると亀頭を締め付けるので、カントン包茎や真性包茎になります。完全に皮膚が癒着してしまうと手術では対処できないので、糖尿病が男性機能に影響を与える恐れがあります。真性包茎の手術では、血糖値の数値が高い人は医師に断られることがあります。糖尿病患者にとって日帰りの手術が大きなリスクとなるためです。血糖値の数値を安定させてから手術を行うケースが多いので、すぐに解決できる問題ではなくなります。陰茎の見た目と糖尿病は関係ないと考えて、炎症を治療しない人も多いですが、治療できるうちに病院に行く必要があります。炎症だけであれば、抗生物質などの外用薬や内服薬を使えば治ります。長期間かけて治療することで再発も防ぐことができます。硬い包皮に対しては手術で除去します。通院は1回で済みますが、比較的難易度の高い手術です。炎症した部分を切除して、亀頭を露出させる方法です。包茎でない状態では包皮の亀裂も防げるので、糖尿病が関係して起こる病気を減らすことができます。